2011年10月20日

マンションは戸建てより割高



レンジフードの高さは1.8m。


最近のマンションは流し台の高さを変更できる。
長時間作業をすると腰が痛くならないためには、使用する人の身長が160cm以上の場合、流し台の高さ90cm程度がおススメ。
堺市の一戸建てをご検討の方へ
中古マンションの地盤や構造について

15cm程度の人の場合には85cm程度が好ましい。低い場合は、台などで調整できるが、低すぎると調節が効かないので、迷ったら高めを選択した方が無難。注意が必要なこととして、高さの変更は、工事スケジュールの期間に制限がある。流し台の発注は、着工から6ヵ月が限界で、これはギリギリ。
第二次、第三次募集の際には、既に遅い場合も多い。キッチン周りで言えば、レンジフードやレンジフードのスイッチの高さも変更できる場合が多い。一般的にレンジフードは、排気効率をよくするために、換気扇を大きな筒状の覆いで囲う形状(ブーツ型)となる。
利用者の頭に当たらないように、下端の高さは最低でも1.7m、できれば1.8mはほしい。逆に高すぎると排気効率は悪くなる。




マンションは戸建てより割高。


マンションは戸建て住宅に比べて維持費がかなり割高だ。マンションに住み続けるために住宅購入費用以外にコストがかかる。
毎月必ずかかるのが管理費は一ヵ月当たり一平方メートルにつき200円が相場で、70平方メートルだと、1万円以上かかる。将来の大規模修繕に備えて修繕費の積み立ては月に4000円程度。都心部で駐車場代も合計すると月に最低でも3万円はかかる。

戸建て住宅ならこうした出費はゼロ。毎月3万円ほど多くローンを払えるとすれば、1000万円近くは多くローンを組める。戸建ては生活スタイルや家族構成に合わせて、将来は自由にリフォームすることもできる。

一方、マンションは戸建てよりも都心に近い場所で暮らせるし、駅からの距離も近い。それだけ自由な時聞が多く持てるのは大きなメリット。更にセキュリティの面でも管理が行き届いていれば、マンションは戸建てよりもはるかに安全。それぞれのライフスタイルの問題。都会暮らしを楽しみたいと思う人にとっては、多少割高でもマンションを選ぶ価値は充分にある。

posted by マンション博士 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | マンション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。